2017年03月24日

窓口で相談して適切な商品を選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の生活を使いながら増やそうとするとき、大きく減らさないことが重要になります。かといって、定期預金だけだとただ預けているだけになります。投資信託などのリスク商品を適度に組み入れながら行うと良いでしょう。窓口で色々と相談に乗ってもらえる65歳になると、会社などを定年退職する人がいるでしょう。退職をすると退職金を受けることができます。若いころから勤め上げれば、かなりのお金をもらえる場合があります。老後の生活のための資金として、きちんと残していく必要があります。

2017年03月18日

定年退職時に受け取るお金の活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆとりある老後生活をおくるためには、定年退職時に受け取るお金は、活用する必要があります。しかし、投資経験がない人はすぐ投資商品に手を出すというようなことはリスクが大きいのでしないほうがよいでしょう。安心な活用方法としては、どんなものがあるのでしょうか。定年退職時に受け取るお金は、活用するべきです会社勤めの中高年の方にとって、定年が近づくと気になってくるのが退職時にもらえるお金の使い道でしょう。厚生労働省の調査では、少ない人でも800万円程度、多い人では1700万円余りのお金を退職時にもらえています。

2017年03月10日

老後の資産構築について検討しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の資産構築のために退職金を生命保険等で運用する方が増えています。満期時には金利分が上乗せされ、途中での解約も可能になっている一時払いでの資産活用で老後資金を捻出する方も増えています。退職金の使い道を検討される方は一時払いでの資産活用をおすすめします。定期預金以外でも資産活用は行えます資産活用というと定期預金等をイメージされる方が多いですが、最近は老後の資産活用に保険での運用を実践していく方が増えています資産活用に使える種類は様々なものがありますが、一般的には一時払いのタイプを利用していくケースが多いです。

2017年03月09日

老後のためのお金を殖やしましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

退職金は老後のための大事な資金になります。ですから、遊びに全て使うわけにはいきません。とは言え、一切手をつけずに置いておかないといけないと言うわけでもないです。正しい使い方をきちんと理解しておきましょう。積極的に投資に挑戦する人が増えているもちろんですが、退職金の額は一律ではありません。500万円前後の場合もあれば、2000万円近くもらえることもあります。いくらであろうが、もらったらまずは何に使うか、いくら貯金しておくかをしっかり計画しましょう。

2017年03月09日

無条件で良い金利が得られるわけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融機関は、大きな資金を獲得しようと有利な金利をつけてくれます。でも、ただ預けるだけでつけてくれるところは少ないです。多いのは、当初1箇月や3箇月のみ高金利になるパターンです。その他、外貨預金や投資信託と組み合わせるところもあります。預け入れ当初のみ有利な金利が設定金融機関に口座を作るときとして、会社勤めをするときの給与振り込み用、住宅ローンを利用するとき、その他利便性に応じて作ることもあるでしょう。

2017年03月08日

迫りくるタイムリミットをどうするのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の資金は、平均でいくら必要といわれていますが、その資金をどう確保するのかが問題となってきます。住宅ローンや生活を維持していくのに、一定以上の貯蓄をしていくのも難しく、老後の資金を用意できないままでいます。どう、老後の資金を用意していくのか子供が独立して、一段落した頃には、会社を退職することになります。そこで、退職金をもらい委託社員として、国民年金を貰うまで生活していきます。国民年金の他には、個人年金もあり、若い頃から積み立てていき、老後の資金にすることもできます。

2017年03月07日

退職後のお金の有効な使い方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本において多くの会社では60歳で定年退職となります。退職金を受け取りますが、年金を受給できるのは65歳からです。その間5年間は無収入になります。夫婦2人が1年間普通に過ごすには年間200万円ほどのお金が必要となります。ですので、年金がもらえるまでの間最低1000万円ほどのお金は持っていないといけません。しかし、年金をもらってから余裕を持った生活をするのであれば、ある程度残しておかなくはいけません。

2017年03月05日

退職金は老後を安定して暮らすためにあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の定年は多くは60歳になりますが、65歳から年金は受給できます。その間5年間は無収入になります。60歳の定年を後実際には、失業保険がありますので最長360日の間は保険金が受給できます。そのため、完全に無収入となるのは4年ぐらいになります。60歳の退職時には退職金をもらい退職しますが、そのお金は年金までのつなぎに利用するか、老後を優雅に過ごすための原資として資産運用していくかの方法があります。年金までのつなぎとして利用するなら、大切に使いながら、資産運用しなくてはいけません。