2017年05月26日

資産運用の投資先としてのインターネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用の投資先としては、銀行の定期預金などの安全第一の投資先が人気でしたが、あまりにも低い金利になってしまったので、投資先としての魅力はほとんどなくなりました。それでその他の投資先をインターネットなどで探すことになります。インターネットの投資先を調べます資産運用では、たとえば定年退職の後の退職金が入ると、それを投資して、少しでも老後の資金を確保したいということになります。それで何に投資をするかを探します。

2017年05月18日

老後資金をうまく残していけるよう相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

65歳になると定年を迎えます。会社によってはまとまったお金の給付をしてくれるところもあります。同時に年金の給付も始まるので、銀行との付き合い方を考える必要があるでしょう。年金受取口座にすることで、お得な金利が適用されることもあります。受け取って1年以内であれば利用が可能会社を退職した時、退職金を受け取れる場合があります。全ての企業で制度があるわけではなく、もらえる人の条件もそれぞれで異なります。以前は多くの会社で設定されていましたが、今はいろいろな形になっているのが現状です。

2017年05月11日

大事なお金だから言われるがままはやめたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の多くの時間を会社に勤めて仕事をするということで過ごしてきた人には、退職に当たってまとまったお金が支払われます。長年、頑張ってきたご褒美ともいえる大事なお金ですので、その使い道については十分検討をすることが重要になってくるのは間違いありません。人生で手にするもっともまとまったお金になる可能性長年勤め上げた会社を退職したときにもらえるお金が退職金で、人生においてもっともまとまったお金を手にすることになる人も多いのが特徴です。

2017年05月01日

変動とインフレに加えて長生きにも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後資産を使うとき、いろいろな問題に対応しないといけません。資産は変動する可能性があり、大きく変動するものばかりに投資するのはよくありません。物価が変化するインフレにも注意が必要で、長生きした時のことも考慮します。老後の生活資金なので大きく減らしてはいけない若い時に老後資金を積み立てるとき、株式投資などを利用することがあります。20歳代だとすると、老後までは40年近くあります。株式投資で一時的に損を出したとしても、長い年月で損が解消することもあります。