2018年01月25日

万が一に備えられるおすすめの運用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

退職金としてまとまった金額を受け取ったら、効率良く増やしたいという人が多いかもしれません。投資信託や不動産への投資など様々な運用方法がありますが、万が一に備えられる保険商品への投資も注目を集めています。

知っておきたい5種類の資産運用方法

退職金の運用方法として何にしようかと迷っているのであれば、多くの人々から注目されている資産運用方法をチェックしてみることをおすすめします。投資信託やヘッジファンドが人気を集めていますが、これまで投資をしたことがないという人であれば失敗するリスクが高く注意する必要があります。

大切な退職金を失ってしまえば、生活にも支障が出る可能性があります。また銀行の退職金運用プランを利用したり、円定期預金商品も用意されています。円定期預金に関しては、退職後1年間であれば優遇された利子が適用してもらえるため投資に自信がない人には最適です。

この他にも保険商品を利用するという方法があります。

安心の保証が付いたおすすめの運用方法

年齢を重ねれば誰にでも少なからず健康リスクが発生します。そんな不安に対応することができる退職金運用方法として注目されているのが、保険商品の利用です。ある大手の生命保険会社が取り扱っている終身保険に加入すれば、一生涯病気やケガを保証してもらうことができるため安心して暮らすことができます。

また保険を解消すると払戻金を手にすることができ、運が良ければ元本以上の金額を受け取ることができる場合があります。状況によっては元本割れを起こすことがありますが、大幅に切るという心配はなく安心して申し込むことができます。

特に60歳以上の人におすすめすることができる運用方法です。

5年ごとの利差配当が付いた終身保険

ある大手の生命保険会社では、5年ごとの利差配当が付いた終身保険の商品が取り扱われています。契約することができる人の年齢は50歳から80歳までで、万が一に備えるだけではなく貯えるために利用するのもおすすめです。

この商品には特約を付加することが可能で、傷害特約やリビング・ニーズ特約、重度がん保険金前払い特約などを付けることができます。リビング・ニーズ特約とは、余命が6ヶ月と判断されたときに死亡保険金の一部や全額を請求することができるというものです。

この商品の詳細を確認したいという場合には、パンフレットを請求することができます。パンフレットは無料で気軽に請求できます。